本文へスキップ

南国の美容クリニック。宮城美容外科クリニックです。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.098-860-9120

〒900-0016 沖縄県那覇市前島2-2-1-3F

    

イン フォーカスIN FOCUS


                                 click for English here

 in FOCUS

ホホ下タルミいわゆる’ブルドッグ頬’’対策
How to handle sagging cheek
JOWLS










ホホ下のタルミはブルドッグのかわいい風貌には欠かせないものです。たまに(ごくたまに?)人の顔にかわいいさを引き立てることもあるかも。が、自分の顔となると、あり得ないですよね。

皮膚と筋肉のゆるみでホホ下の一部が下がり、’ブルドッグ顔’とか、’ブルドッグ頬’とかと言ったりしますが、けしてブルドッグのようなかわいいさを連想させません。老けた印象を与えるからだと思われます。





この悩みに対するいくつかの美容対策を述べてみたいと思います:

1.N-COG糸リフト     ダウンタイムがほとんどなく効果的な方法といえば、最新のN-COGスパイラル糸によるタルミの引き上げがよく行われます。







今までの糸リフトとの違いはしっかりしたコグ(とげ)がスパイラル(らせん状)に配列され、より強いリフト効果が数分ほどで得られ、腫れや針跡もヒアルロン酸注入などと一緒で、数時間ないし数日間で引きます。






安心な吸収糸でできているため半年内で糸が吸収されますが、コラーゲン再生が刺激されることにより皮膚のリフト効果が数年ほど保たれます。






具体的な方法としては、既製品のカニューラ針(鈍針)と糸のセットで直接タルミ部に数本を挿入し、目立たないもみあげなどでの針穴でつります。もちろんヒアルロン酸注入と同様、局部麻酔下です。


2.BNLS脂肪溶解法    下ホホのタルミはホホ脂肪により強調されることがあり、気になる方が多いです。







BNLSとは最新の脂肪溶解注射法(メソセラピー)となっていて、8種類ほどの脂肪溶解剤とリンパ液循環促進剤が含まれます。従来のメソセラピーと違って、1-3回ほどの治療で効果が見られることがよくあります。




方法は簡単で、BNLS液を直接注入し、カニューラ(鈍針)を使用するためほとんど内出血はなく、数日後から徐々に効果が現れます。



当方法は脂肪溶解がメインの作用となっているので、皮膚のタルミも気になる場合は、N-COGリフト糸と一緒に行うことをお勧めします。


3.ヒアルロン酸注入法    口まわりの表情筋などで口角から延びるシワであるマリオネットラインで下ホホのタルミが目立つ場合もありますが、このときヒアルロン酸注入が活躍します。






ヒアルロン酸でシワ下を補うことでシワの溝が埋まり、となりにみられるホホ下タルミをカモフラージュでき、より若々しくよみがえてきます。








マリオネットラインは皮膚のタルミと関係なく存在するものであるため、タルミとりのための糸リフトやのちほど述べるフェイスリフトを行った後も残ることがよくあるため、ヒアルロン酸による治療はこれらのリフト法と一緒に行うことがよくあります。

4.レーザー皮膚引きしめ法      レーザーの発するエネルギーを利用していろんな作用の仕方で皮膚のコラーゲン等の再生を促し、皮膚の引き締めを引き起こす数々の医療美容機器の中で最も効果が期待できるのはレーザースキンリサーフェシング法です。




表皮全層をリサーフェシング(削皮)することで、表皮再生においてさらなるコラーゲン再生が促され、皮膚の引き締め効果につながります。削皮処置であるため、ダウンタイムは1〜2か月ほど要するため、なかなか治療に踏み切れない方が多いです。

フラクショナルレーザーはリサーフェシング法をかなりマイルドにしたレーザー引き締め法となっていて、皮膚全層にミクロレベルの細かい穴を開けることで皮膚のコラーゲン再生を刺激する方法となっています。ミクロレベルの穴のため、肉眼では3〜7日間ほどの赤みで済むため、よく行われる治療法です。リサーフェシング法より、皮膚の侵襲が少ない分、効果を得るには回数を重ねないと得られません。


非侵襲性のスキンタイトニング機器として
サーマスキャンSkinTyteがあります。皮内深部を温めることでコラーゲン増生を促し、引き締め効果を期待できますが、効果を示すには頻繁に照射を行うことが必要となります。

5. フェイスリフト手術法          数々の処置法のなか、フェイスリフト手術に勝る方法は未だにありません。確実で長期的な効果を得るにはこの方法がおすすめとなります。









しかし、ある程度の範囲にまたがって顔の皮下を剥がし、SMASとよばれる筋膜を引き上げる手術であるため、腫れなどのための圧迫包帯などが必要で、ダウンタイムは2週間前後要します。

より確実な効果を得るには、フェイスリフトと一緒にホホ下の脂肪吸引を行うことで、さらなる引き締めが得られやすいです。









以上がホホ下タルミの対処法でした。


さらなる詳細
 、 further details

Miyagi Cosmetic Surgery宮城美容外科クリニック

〒900-0016
沖縄県那覇市前島2−2−1(3F)

2-2-1-3F Maejima, Naha City
Okinawa, Japan 900-0016

TEL 098-860-9120
FAX 098-860-9176

※電話が混み合っている場合、ウェブやメールでの予約も受けております。オンライン予約はこちら
In case line is busy, please make reservations through our website or e-mail.
For online booking click here

e-mail  info@miyagi-clinic.info

 
         日本語

         English

         

         友だち追加