本文へスキップ

南国の美容クリニック。宮城美容外科クリニックです。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.098-860-9120

〒900-0016 沖縄県那覇市前島2-2-1-3F

    

イン フォーカスIN FOCUS


                                 click for English here

 in FOCUS

注入剤は当分、美容医療必須アイテム
FILLERS are here to stay









はじめは、シリコンやパラフィンなどのシワ用の永久注入剤が6−70年代ころに使われ、
問題があると分かりコラーゲン剤に替わり、
吸収が速いためヒアルロン酸が現れ、
さらに半永久ということで骨成分レディエッセやハイドロジェルなどが出てきましたが、やはり、
難ありということでまたヒアルロン酸に落ち着いている
といった感じで注入剤の歴史は長く、そしてなかなか処置項目からなくなりません。

というのは、注入剤は美容医療において欠かせないものであり、当分、代われるものがないからです。

’ほら、ホホの皮膚を引っ張ると、ほうれい線もこのように伸びるでしょうが’、
と患者さんによく指摘されます。
要は、リフトなどで引っ張れば、シワも取れるでしょう、というご提案ですが、
皮膚の引き上げに一番効果的なフェイスリフト手術でも、ホホタルミはスッキリしますが、
ほうれい線はなかなか消えないのです。

その理由は、患者さんが皮膚を引っ張るとき、引き留める指の役割をしてくれるものがなく、
耳前の皮膚に引き寄せたとしても、引き寄せる皮膚も重力に勝てず、引き下げられてしまうからです。

これ以上のしつこい説明はさておき、ヒアルロン酸の使用部位を高頻度順で述べてみたいと思います:


1.ほうれい線     ほうれい線は断トツ、最も希望の多い部分です。



ほうれい線注入前後

美容医療用語では鼻唇溝とよばれ、ヒアルロン酸がよく活躍する部分です。
顔のど真ん中にあるため、対面時、真っ先に見られる部分の一つです。

レスチレンというブランドがヒアルロン酸の元祖です。







ヒアルロン酸を生産し始めてから約30年近く経ちましたが、
今だによく使われているブランドです。

ほうれい線では真皮内(皮膚の深い層)に注入されることで自然な効果を発揮します。

線を完全に消すには難しいですが、
浅くし目立たなくすることでより自然に若返った印象が得られるでしょう。


2.マリオネットライン    口角から延びるシワであるマリオネットラインがほうれい線の次にヒアルロン酸注入がよく行われる部位です。






からくり人形(マリオネット)の口元のラインから由来する呼び名です。

ヒアルロン酸でシワを補うことでシワの溝が埋まり、
となりにみられるホホ下タルミをカモフラージュでき、より若々しくよみがえてきます。








口角を上げる効果も期待できます。

3.下まぶたのクマ(下瞼溝)    年を感じると思われている部分で断トツ1位なのがこの部位ですね。
解剖学的に’下瞼溝(かけんこう)とよばれる下まぶたにみられる半円を描きそうな凹みが年齢とともに深くなっていきます。
深くなっていく’年輪’のようなもので、皮膚のたるみなどで強調されます。

光の当たり加減で目立つことがよくあり、
よくある状況としては暗い部屋の中で頭上からあたるライトなどや、
屋外でガラス窓に浮き出る下まぶたがうつるときなどにも強調されます。
簡単な処置法としてはヒアルロン酸の注入が一般的です。





下瞼脂肪除去術(脱脂術)や下瞼タルミとり術がもっと効果的ですが、それらに踏み切る前によく行われる処置法なのがヒアルロン酸注入となります。

4.上下リップ
口唇まわりのたてジワを気にする年配の方だけでなく、最近流行の
ふんわりとした唇を希望する方にも人気のため、ヒアルロン酸が大活躍する処置です。





リップ注入前後

シワのヒアルロン酸が半年から一年を持つのに対して、口唇の場合、吸収が速いため、半年くらいの持ちでしょう。
リップシワ注入

ふっくらとした唇に慣れることもよくあるため、さらに大きくという希望がよく見られ、よくばって何回も追加する方は少なくありません。
見た目の問題もあるので、注意が必要です。

5. ホホ、こめかみ、手の甲のくぼみやゆるみ          
若いときは顔のパーツのクボミはさほど気にならないのですが、
ある程度の年齢になると
老けた印象を助長

する場合が大いにあります。
ヒアルロン酸による補充が有効です。



こめかみ注入前後

瞬時にその効果
が分かり、びっくりするくらい違いが見えて、定期的に補う方が多くいます。
手の甲注入前後

例外として、
治療しにくい
のがホホ骨の真上に外斜めに下がっていくライン、いわゆる
ゴルゴライン
(ゴルゴ線)と巷ではほうれい線と同じくくらいよく気になる線です。










ヒアルロン酸を皮膚浅く注入するか、このラインを引っ張っているしつこい靭帯をある程度針でちぎってから注入するやり方となり完全に消すことはなかなか難しく、浅くする程度となります。

脂肪注入も有効な手段の一つです。
半永久に効果が得られることがこの方法の長所となりますが、20%前後の生着率のため、ヒアルロン酸より短期間で数回繰り返す必要があります。
そして、脂肪を吸引する処置が必要のため、頻繁に行うのが敬遠されがちです。


6. 眉間      眉間(みけん)のたてジワは筋肉による表情ジワとなるためボトックス注入による対処法が優先となります。


眉間ボトックス前後


が、長年あるくせで、
表情をつくらなくてもでているシワにはヒアルロン酸とによる混合治療が必要です。




ボトックス+ヒアルロン酸


定期的にボトックスによる処置を続ければ、ヒアルロン酸による補充はいらなくなることが多いです。


7. バスト
豊胸ももヒアルロン酸でインスタントにできます。






豊胸のための専用のヒアルロン酸があり、
1カップほどアップさせることが可能です

8. 額、鼻、アゴ、涙袋        ボリュームが物足りなく感じるところを増大させる部分ですね。
特にこのなかでも、注入による
隆鼻がよく行われます。




鼻注入前後

レディエッセなどの比較的新しい注入剤がありましたが、やはり組織にはなじまないところがあり、最近ほとんどヒアルロン酸による注入が行われています。
そして、とくに鼻とアゴなどには、血管に注入剤が入らないように
カニューラとよばれる鈍針(とがっていない針)を使う必要があります。
次に多くみられる希望はやはり涙袋、
アゴ、そしての順番になります。



アゴ注入前後


ボリューム増大には
ジュビダームVOLUMAというヒアルロン酸の製品がおすすめです。濃さがあり組織の保持力があるため、普通のヒアルロン酸よりは長持ちします。


9. ホホ骨、エラ            日本では、美容的に削って減らすべき部分と思われているのですが、海外、とくに米国では顔の存在感を表現するため、増大が望まれることが多いです。



エラ増大前後


ハリウッドでは必須アイテムのようです。


以上がヒアルロン酸注入のお話でした。


さらなる詳細
 、 further details

Miyagi Cosmetic Surgery宮城美容外科クリニック

〒900-0016
沖縄県那覇市前島2−2−1(3F)

2-2-1-3F Maejima, Naha City
Okinawa, Japan 900-0016

TEL 098-860-9120
FAX 098-860-9176

※電話が混み合っている場合、ウェブやメールでの予約も受けております。オンライン予約はこちら
In case line is busy, please make reservations through our website or e-mail.
For online booking click here

e-mail  info@miyagi-clinic.info
         or
   miyagics@woody.ocn.ne.jp

 
         日本語

         English

         

         友だち追加