本文へスキップ

南国の美容クリニック。宮城美容外科クリニックです。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.098-860-9120

〒900-0016 沖縄県那覇市前島2-2-1-3F

    

イン フォーカスIN FOCUS


                                 click for English here

 in FOCUS

ダンゴ鼻対策
Cosmetic Care for
BULBOUS NOSE TIP

よく知られていることですが、欧米人とアジア人の希望する鼻の美容外科処置はお互いのほとんど真反対なことを望みます。簡単に言うと、東洋人は鼻の高さを切に求めるのに対して西洋人は低くしたいのに一所懸命です。

しかし、両者とも又は世界のあらゆる地域には共通して気になる鼻の形または悩みがあります。いわゆる’だんご鼻’です。なぜそういう鼻をきらうのかそれぞれの理由は違うところがありますが、治療の上ではほとんど同じことが行われます。









’ダンゴ鼻’を修正するいくつかの美容対策について述べてみたいと思います:

1.Y-ko糸プチ隆鼻     最近のプチ隆鼻術の主役は糸です。糸リフトなどに使われる吸収糸が鼻を高くできることが分かり、鼻先に使うことで鼻先がリフトされ、細さが出ることでダンゴ鼻が解消できるのがこのY-ko糸です。











ダウンタイム(回復期間)がほとんどなくヒアルロン酸などの注入剤のような手軽さででき、ヒアルロン酸よりは長持ちです。





安心な吸収糸でできているため半年内で糸が吸収されますが、コラーゲン再生が刺激されることにより効果がある程度持続すると言われています。




ハンプ(鼻骨隆起)などで相対的に下がってダンゴ鼻っぽくみえる鼻先に使用すると、鼻先が上がりきれいなスラリ鼻に見せることもできます。









具体的な方法としては、既製品のカニューラ針(鈍針)と糸のセットで直接鼻先に数本を鼻橋(鼻先と人中をつなぐ部分)に直接挿入し、鼻先の針穴でつります。もちろんヒアルロン酸注入と同様、局部麻酔下で,数分ほどで完了です。











2.BNLS脂肪溶解法    ダンゴ鼻のボリューム感はだいたい鼻翼軟骨(鼻先の軟骨)とその上にあるに乗っかっている軟骨前軟部組織が関与しています。BNLSとよばれる最新の脂肪溶解法はこの脂肪に作用することがよくあり、ダンゴ鼻の治療法として活躍しています。。










BNLSとは最新の脂肪溶解注射法(メソセラピー)となっていて、8種類ほどの脂肪溶解剤とリンパ液循環促進剤が含まれます。従来のメソセラピーと違って、1-3回ほどの治療で効果が見られることがよくあります。








方法は簡単で、BNLS液を直接注入し、カニューラ(鈍針)を使用するためほとんど内出血はなく、数日後から徐々に効果が現れます。





当方法は脂肪溶解がメインの作用となっているので、後ほど述べる軟骨の処置法や上記の糸鼻リフトと組み合わせるとよいでしょう。








3.ヒアルロン酸注入法    鼻先の中央にヒアルロン酸を注入することにより高さを出すことで細さを感じさせることが目的となりますが、厚ぼったい皮膚の場合はあまりその効果が現れず、多めに注入すると、まわりに波及し余計ダンゴ鼻に見える場合があるので、鼻先の注入には注意が必要です。







皮膚の薄い(皮下脂肪が少ない)場合だと効果が出しやすいでしょう。






鼻のヒアルロン酸注入又は別のフィラーであるレディエッセの注入は鼻の組織ダメージを起こすことがあり、最近敬遠されがちです。それに代わり上記のY-ko糸による処置がよく行われるようになっています。

4.軟骨移植法      上記の1〜3のプチ隆鼻法は一時的なものですが、永久性のある処置法を希望の場合、軟骨移植がおすすめとなります。要は、糸やヒアルロン酸などの一時的な素材に代わって、永久的にとどまる自己の軟骨(主に耳軟骨)を使い、鼻先に高さを出すことで、細さを演出します。





これはもちろん手術となりますのである程度のダウンタイム(回復期間)が必要となりますが、主にテープ圧迫による経過となります。意外と鼻先の手術はあまり腫れない処置となっています。テープ圧迫は移植軟骨が動かないためのもので、最低四日間必要です。








具体的に、耳から取り出したいびつな軟骨を鼻先に合わせてひし形または長方形に細く切りし、2−3枚重ねで鼻先に乗っけて完成です。傷跡は鼻内におさまります。




5. 鼻先形成手術法          皮膚の薄い鼻先だと軟骨移植のみでも十分効果が得られますが、鼻先の鼻翼軟骨の量が多く、その上皮下脂肪などの軟部組織が多いと、軟骨移植だけでは効果があまりないので、鼻先形成(鼻先修正)術が必要となります。具体的には、鼻翼軟骨上の軟部組織を除去し、広がった鼻翼軟骨を中央に縫合し寄せて、場合によっては軟骨を半切除します。この上に耳軟骨移植を加えるとさらに効果的です。






経過としては、軟骨移植のみと同様、テープ圧迫が必要で、腫れはだいたい同じです。傷跡が美内におさまる
クローズ法を主に進めています。







鼻先形成術時に下がった鼻先を上げたり(
鼻先挙上術)、上がった鼻先を下げたり(鼻中隔延長術)することも同時にできます。








以上がダンゴ鼻の対処法でした。


さらなる詳細
 、 further details

Miyagi Cosmetic Surgery宮城美容外科クリニック

〒900-0016
沖縄県那覇市前島2−2−1(3F)

2-2-1-3F Maejima, Naha City
Okinawa, Japan 900-0016

TEL 098-860-9120
FAX 098-860-9176

※電話が混み合っている場合、ウェブやメールでの予約も受けております。オンライン予約はこちら
In case line is busy, please make reservations through our website or e-mail.
For online booking click here

e-mail  info@miyagi-clinic.info

 
         日本語

         English

         

         友だち追加