本文へスキップ

南国の美容クリニック。宮城美容外科クリニックです。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.098-860-9120

〒900-0016 沖縄県那覇市前島2-2-1-3F

    

イン フォーカスIN FOCUS


                                 click for English here

 in FOCUS

美白コースケア:気になる治療メニュー
Skin Brightening Care Set: What's in the menu


真夏の紫外線に悪化させられる前にやっておきたいケアです。

一言で言うと、最新美白機器最新美白剤の混合療法、となります。

美白剤のみの方法で行うと時間がかかり月単位で済めばよいのですが、年単位で経過をみないといけない場合もあります。
とくに5年10年以上放置した色素斑(シミ、あざなど)などは、皮膚の深い層(真皮)にまでメラニン色素が波及し、治療に時間がかかり、総合的な混合療法が必要です。

美白機器だけだと即効性はありますが、強さに皮膚が負けることがあり、再色素沈着などの一時的な副反応が見られることもあり、やはり美白剤の助けが必要となるわけです。。

また、色素斑によっては美白剤のみしか効かない場合もあります。

総合的ケアである美白コースで行われる治療メニューを下記に示しながらその詳細を述べていきたいと思います。


1.美白点滴      グルタチオンを使った美白点滴は今、世界中で有名です。


日本では白玉点滴として名が知られ、セレブの間で人気の
ボディー美白として愛用されていて、
美白以外にも、
肝機能改善・肝保護作用
などの効果も期待できます。
いわゆるデトックス効果(解毒効果)を高める性質のある治療となっています。

グルタチオンとはグルタミン酸、システイン、そしてグリシリンというアミノ酸からなるペプチドで、
高い抗酸化作用を持ち、
紫外線のダメージを予防または治療してくれる力があります。

美白イメージ
一回約30分、週1回で、6回くらいまでがおすすめです。

さらに美白効果や疲労回復を促進させたい場合、
ビタミンCの混合や、
体を元気にするアリナミンの混合点滴も可能です。


2.イオン導入・超音波導入      イオン・超音波導入マッサージで美白ケアを仕上げることがよくあり、お肌の状態をさらに効果的に整えます。
イオン超音波導入機器

イオン導入とは電気のプラス・マイナスを利用してビタミンCとEの有効成分を効率的かつ効果的に肌の奥まで浸透させるマッサージです。
コラーゲン生成メラニン抑制皮脂コントロールなどの働きが活発になり、健康な肌状態を取り戻します。
イオン導入図解

超音波導入
とは1秒間に300回もの振動を肌に与えることで、肌の奥深くから活性化させるマッサージです。
皮膚のターンオーバー(入れ替え)の正常化コラーゲン生成・メラニン抑制・皮脂コントロールの働きが活発になりハリのある肌を取り戻します。
超音波導入図解


4.ケミカルピーリング      ケミカルピーリングとは弱い酸で皮膚の最上層にある角質層を溶かし剥がすことで、毛穴の掃除や皮膚の引き締め効果以外に、美白を助長する効果が期待できます。
皮膚のターンオーバー(入れ替え)
角質をピーリングすることにより、美白機器の効果が出しやすいという点もひとつですが、もう一つ大事なのは、表皮細胞のターンオーバー(入れ替え)を顔だと普通1か月以上かかるところ2週間に短縮させることができることで表皮内のメラニン色素も表面に浮き出るため美白剤の効能が発揮されやすくなります。

ピーリング剤には次のようなタイプがよく使われます。

グリコール酸院内でよく使用されるピリング剤で、AHAやフルーツ酸などとよばれることがあります。
顔全体という
広範に使われるため、効きすぎてただれることもあるため、ホームケアには向かない薬剤です。

トレチノイン酸態自分で使うピーリング剤となっていて、ほとんど部分的に使用されることが多いです。レーザーなどの美白機器が使えない肝斑に活躍する美白補助剤です。

    肝斑美白コース前         肝斑美白コース後


4.美白剤療法    レーザーなどの美白機器は来院しての治療となりますが、美白剤治療は自分で行うホームケアです。

外用剤として従来よく使われるハイドロきノン5%から高濃度の10%まで使用し、ハイドロキノンが合わない場合、トラネキサム酸クリームコウジ酸クリームが代用として使います。

最新の美白剤でハイドロキノンより効果的で副作用が少ない最新美白クリームであるルミキシルもおいてあります。

また、肌全体のトーンを明るく均一にし、保湿も期待できる高濃度高浸透度ビタミンCEローションも併用します。

内用剤として使うのはトラネキサム酸ビタミンCEです。
トラネキサム酸はメラニン色素を抑える働きがあるほか、肌の赤みにも効果があります。
そしてビタミンCメラニン抑制効果ビタミンEアンチエージング効果は有名ですね。

外からと中からの本格的美白化を目指します。

      美白コース前              美白コース後
美白剤は主に美白機器でとれない細かい色素斑だったり、機器の副反応などを和らげる役目です。
そして美白剤なくてはならない治療を必要とするのは肝斑ですね。

     肝斑美白コース前              肝斑美白コース後
肝斑はもう今ではみんなに馴染みのあるシミの名前ですが、実はレーザーやその他の美白機器が効かないどころか、悪化させる場合があります。
肝斑用レーザーが一時期はやし立てられたときがありましたが、やはりうまくいかず、自然消退しました。

美白剤を先述のピリング剤と一緒に使用することによりその相乗効果が得られます。



5.光治療(IPL治療)     美白のための光治療が日本に初上陸してから20年程の月日が経ちましたが、この治療法は未だによく利用されており、美肌を目指すまたは維持したい方々に愛され続けている利器です。
浅い表皮に到達する光
光治療に照射される光は有害な紫外線などを取り除いたいろんな波長の光となっていて、一波長であるレーザーとの決定的な違いとなっています。

光治療は老人性色素斑そばかすといったメラニン色素斑をはじめ、赤ら顔などの血管異常にも効果を発揮します。

     そばかす光治療前           そばかそ光治療後
ニキビの治療・予防にも効果的で、引き締めにも応用される治療法です。
そして脱毛にも使われます。

このようにいろんな効果を発揮し、万能機器のように聞こえますが、光治療の効果は皮膚の浅い層のみに限定されるためレーザーほどの強さはないです。
効果が浅い分副作用もほとんどなく、広範囲の皮膚全体にあてても(レーザーは部分的)、治療後からでも洗顔よしで、ダウンタイムはほとんどなく経過がみれます。

光治療機器にはこの20年の間、数々の製品名が出てきており、皆さんに馴染みがあるのはフォトフェイシャルという製品ではないでしょうか。そうです、フォトフェイシャルは商品名です。
比較的強いパワー効果的なのが当院で扱うBBL(ブロードバンドライト)となります。

  BBLハンドピース         7つのフィルター
BBLは光の幅広い波長を持つ美白機器となっていて、7種類のフィルターを交換することで細かい設定による治療が可能となり、シミ・クスミに限らず、赤ら顔やタルミという一つ一つの症状をターゲットにすることでより繊細で幅広い治療が行えます。

 老人性色素斑BBL前  BBL後

        首赤みBBL前後      
 

6.レーザー治療   広く浅く作用する光治療が太刀打ちできない色素異常にはより強力単一波長レーザー照射治療が必要となります。

中でも、シミやその他のクスミによく活躍するレーザーがQスイッチレーザーです。
Qスイッチとは高いエネルギーのレーザー光を得るためのレーザー技術のことで、この技術が使われている機器がQスイッチレーザー機器とよばれ、シミそばかすアザなどのメラニン色素斑などによく使われ、タトゥー除去やレーザーピーリングなどにも使えます。

 老斑Qスイッチ前     直後       2日後      10日後      1か月後

次によく使うものが蒸散レーザーです。
蒸散とは高いエネルギーでもって皮膚などの組織中の水分を瞬時に蒸発させることにより組織を気化させ飛ばすことをいい、この方法で皮膚の異常な隆起や色素斑を治療できるレーザーを蒸散レーザーといい、代表的なのがエルビウムレーザーCO₂(炭酸ガス)レーザーです。

   ホクロ蒸散前        ホクロ蒸散後
主にホクロ角化症(イボ)、そしてアクロコルドン(繊維腫)・汗管腫・稗粒種・脂腺増殖腫などの良性腫瘍です。

 首アクロコルドン蒸散前     蒸散後

血管異常用レーザーもよく使います。

   血管用レーザー前      血管用レーザー後
毛細血管による赤ら顔は光治療で十分ですが、裸眼でも見える血管の異常増殖血管用レーザーによる処置を行います。

光治療と違って、レーザー治療強力なため1週間ほどのダウンタイムが必要だったり、場合によって一時的な副反応により数か月色素がとれないときもあります。

副作用が出た場合、先述の美白剤などが必要となります。
     


以上が美白ケアの総合的トリートメントの一つ一つの説明でした。
ご質問等はお問合せ下さい。



さらなる詳細
 、 further details

Miyagi Cosmetic Surgery宮城美容外科クリニック

〒900-0016
沖縄県那覇市前島2-2-1(3F)

2-2-1-3F Maejima, Naha City
Okinawa, Japan 900-0016

TEL 098-860-9120
FAX 098-860-9176

※電話が混み合っている場合、ウェブやメールでの予約も受けております。オンライン予約はこちら
In case line is busy, please make reservations through our website or e-mail.
For online booking click here

e-mail  info@miyagi-clinic.info

 
         日本語

         English

         

         友だち追加